お知らせ

 

 当院が現在の建物に移転したのは28年前でしたが、その際に各診療台に口腔外バキュームの配管を装備しました。歯石取りや歯の切削時に飛散するエアロゾルを口腔内で吸引するのが一般的でしたが、地下の機械室の集塵機に直結する口腔外バキューム装置で一気に吸い取り、屋外に排出するのは今から考えるとコロナ時代の感染予防には理想的でした。その他、十分な院内の消毒、換気等を基本に慎重な感染対策を徹底し、皆様に安心して受診出来る様努めております。

 抜歯や外科処置は当院の得意分野ですが、以前より「歯を残す事」を心がけてきました。実際に患者さん本人が「もうだめだ」と諦めかけた歯の中でも歯槽膿漏や虫歯の治療を丁寧にやれば、5-10年以上歯を残せる症例も多くあります。